カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

G7132 DPG 徳利と若狭の水



「DPG 利休の茶碗」(G7112)・「陶器製 皿まわし」(J1001)に続く陶器製品の第3弾は、日本に昔から伝わる古典手品です。マジシャン(太夫)は2つの大ぶりな徳利を示し、どちらもカラであることを見せます。この徳利を左右に離して置き、その片方に液体(水・酒等)を入れます。ここで、1枚の紙を取り出し、「えにしの旗」(神社にある御幣のようなもの)をしつらえて、両方の徳利に橋を架けます。扇子で扇ぎながら魔法を掛けると、確かに液体を入れた方の徳利はカラになり、先ほどカラだった徳利から液体が出てきます。徳利は、伝統的な和風デザインの古風な形で、舞台で演じられるように大きめなサイズ(高さ約19cm・直径約6.4cm)で作られた傑作です。解説書には奇術研究家柳沢よしたね氏の記述を元にした、明治時代に演じられていた「若狭の水」の口上も掲載していますから、純和風の手妻として演じることもできます。また、お酒の貫通現象や、徳利を使ったモンテトリックの方法も解説しています。手作りのため形状並びにデザインは1本ずつ多少異なります。

G7132 DPG 徳利と若狭の水

価格:

5,940円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ

【購入ガイド】 対象年齢:7歳以上